高校でイラストを学ぼう|得意のイラストで仕事を絵ラブ

ファンタジー

夢を叶える

ファンタジー

イラストを描くのをそのまま仕事にしたのがイラストレーターです。イラストレーターは小説や文庫本といった挿絵のイラスト等を描く仕事であり、求められる要素に沿ったイラストを描くことが必要になります。人や動物といった絵を描くこともあれば機械や架空の生物を描くこともあり、どのようなイラストも書くことができる画力が必要とされます。また本の挿絵の場合はその場面を忠実に再現して描くための想像力も必要になるため、画力と共に豊かな想像力を身に付けることが大事です。手書きだけでなくCGなどを利用した作画も必要になることもあるので、複数のスキルや技術を学校で習得するようにしましょう。イラストレーターになるためにまずは複数の資格やスキルを習得し、イラストを描き続けることで画力をより向上させることができるようにしましょう。

イラストなどの自分のデザインスタイルを活かすために入学する学校を選ぶ際は、自分が通学しやすい場所や自分が学びたい知識や技術を教えてくれる学校を選択するようにしましょう。それぞれの学校によって学べる知識の数や量はそれぞれ違ってきます。卒業後の就活を有利にするためにも、なるべく多くの資格や検定を取得でき、多くの知識や技術を学べる学校を選ぶようにしましょう。また自宅からできるだけ近い場所の学校を選ぶことで、快適に学校生活をおくれるようにするのも大切です。自分に適した学校を選択するためにも、休日などにオープンスクールに参加するなどして学校の内容をよく確認してみましょう。オープンスクールではその学校の教育スタイルや学べる知識や技術を確認でき、在学中の先輩方から学習内容や学校生活を詳しく聞くことができます。さまざまな学校のオープンスクールに参加し、自分に適していると思えた学校に進学するのが最も効率的な方法です。